理事長挨拶

平成25年4月1日に、当協会は一般社団法人に移行致しました。1996年の発足以来、「泳げる霞ヶ浦」の実現を目指し、様々な事業を展開し、2001年には「泳げる霞ヶ浦2020市民計画」を作成、市民の立場から幅広い活動をしてまいりました。

 霞ヶ浦は茨城県の宝であり、その美しい自然や豊かな水環境を次世代に引き継ぐだけでなく、県内外の人々にアピールできることが、現世代の責務であると考えております。
 これまで以上に霞ヶ浦に集い、霞ヶ浦で遊び、霞ヶ浦と親しみやすくするために、また豊かな生命・産物を育む恵みの水を守るためにも、水環境を少しでも早く改善したいと考えております。市民計画策定以来10年が過ぎましたが、まだまだ継続した水質改善の努力が必要です。今後も「泳げる霞ヶ浦」を目指すことに変更はありません。

 市民の立場から行政、研究者、企業等、様々な立場の方々と協働して、「泳げる霞ヶ浦」の実現に微力ながら貢献していきたいと思います。何卒、ご理解とご協力を賜りたくよろしくお願い致します。